飛鳥の紅花の花

大和は国のまほろば。。。 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング 応援してください!

明日香村の石舞台公園北側の丘で紅花が栽培されています。
見頃は少し過ぎているのかなっていう感じでしたがとても綺麗でした(^_=)
(2009.6.28撮影)
d0042474_19443783.jpg



紅花は、飛鳥時代にシルクロードを通じて渡来したといわれています。

d0042474_19452712.jpg


現在では「紅花」は「紅花油」として食用にされていますし、薬用として使われることもあるようですが、渡来した頃は染料として用いられ、「紅を採る花」で「紅花 くれない」と呼ばれました。

d0042474_19454692.jpg



万葉集には、紅花を「紅(くれなゐ)」という名前で多くの詩が詠まれています。
私は、「紅の 薄染衣 浅らかに 相見し人に 恋ふる頃かも」
の詩が好きです(^_=)





d0042474_19461420.jpg



紅花からの染色は、何度も染めないと綺麗な濃い色にはならなかったようで、それが儚い恋のイメージと結びつき、こんな詩になったのかも。
末摘花(すえつむはな)という呼び名でも登場します。

d0042474_1953988.jpg



まほろばの国から(本館)
まほろばの国から(イベント館)も、よろしくです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

by mahorobanet | 2009-07-19 21:01 | ならの花だより