ブログトップ

まほろばの国から(写真館)

mynara.exblog.jp

大和は国のまほろば 旬の奈良などの写真をきままにのせています!

<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


雨の中、緑を愛でながら、目指すは、本堂。かなり、高いところにあります。
d0042474_0431639.jpg
本堂に近づくにつれ、読経の声が聞こえてきます。
本堂で行われている法要の様子がマイクで外へ。

毘沙門天王さんにお参りをして、健康と幸せを祈願。
幸せになれますように!

欄干から、景色をみるも、雨で曇っていて。。。。まあ、これも趣があるかな。

壁にはってあったポスタ-によると、鳥羽僧正覚猷筆の有名な絵巻物があって
その公開が、明日から!
あら、残念、一日違いで。。。。

あと、11月 3日(木) 14時~柴燈大護摩供野外火渡り大祈願会が行われるようです!
屋外にて行われる大護摩で、裸足で火の上をわたり無病息災を祈願する法要だそうです。

詳細は、まほろばの国から別館(イベント館)でどうぞ!
by mahorobanet | 2005-10-31 01:11 | なら魅てある記 | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


寅に迎えられて信貴山朝護孫子寺の門をくぐり境内へ。
d0042474_0222963.jpg

緑いっぱいの境内は、少し紅葉し始めたところでした。
d0042474_0255219.jpg

d0042474_0343564.jpg紅葉したら、山全体が赤く染まり、きっと素晴らしい!
まさに、絶景だろうなって思いました!
う~ん! これるかなぁ。。。
境内では、雨に濡れる紅葉がとってもきれいでした。
by mahorobanet | 2005-10-31 00:40 | なら魅てある記 | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


昨日は、朝から信貴山まで行ったので、朝護孫子寺へ行ってみました。
天気予報では、午後には、雨がやむと言うことで、期待していたのですが、結局、雨はやまず、ずっと冷たい雨でした。

鳥居をくぐり、坂を上っていくと大きい虎がお出迎え(*^_^*)
d0042474_2351782.jpg
「世界一福寅」だそうです。
どうして、寅なのかというと、

今から約千四百年の昔、聖徳太子がこの山で毘沙門天王を感得され、大変に御利益をいただかれましたのが寅の年、寅の月、寅の日であったといわれています。
 以来、信貴山では、寅の日は聖徳太子にあやかって良い事がある、毘沙門様の御利益がいただける、即ち福が授かる「福寅」と呼ばれてきました。御縁日は毎月三日と寅の日です。
信貴山朝護孫子寺のHPより。
d0042474_23555467.jpg
d0042474_0103328.jpg
こんなものもありました。
通路になっていて、この中を通ると幸せになるとか(^_-)-☆
橋の欄干にもこんな寅がいました!
次に続きます!
by mahorobanet | 2005-10-31 00:17 | なら魅てある記 | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


 いよいよ「正倉院展」が、明日から、奈良国立博物館で始まります。
d0042474_23445339.jpg

明日から、今年もすごい人かな(;^_^Aなどと思いながら奈良公園を散策!
今日は、とっても良い天気で、すごくさわやかでした!
木々が少し色づき始めていました。

国立博物館の周辺は、テントがなんはりも立てられていたり、正倉院展の案内看板やのぼりがたくさんあり、明日に向けて準備万端の様子でした!
ニュ-スをみていたら、今日は一般公開を前に、関係者らを集めオープニング式典とプレスプレビューが行われたそうです。
 そうなんだ! それで、なんか多くの人が、と、納得(^_-)-☆
d0042474_2345128.jpg

 今回の正倉院展には、初出展の20件を含む、69件の宝物が出展され、聖武天皇ゆかりの碁盤木画紫檀棊局が12年ぶりに出展され、深黄瑠璃や黄瑠璃、緑瑠璃など美しいガラス球などが、初めて出展されるそうです。
 私は、この初出店のガラスが、楽しみです!!
 57回目となる正倉院展は、来月14日までだ(^.^) 今年は、行きたいと思います!  
  詳細は、まほろばの国から別館(イベント)にもあります!
d0042474_23464249.jpg



人気ブログランキングに参加しました。よければクリックして応援くださいね!
by mahorobanet | 2005-10-28 23:57 | なら魅てある記 | Comments(2)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


 古都・奈良に春を呼ぶ伝統行事お水取りの舞台として有名な東大寺の二月堂が、国宝に指定されることになりました。
 今日開催された国の文化審議会で答申が出されました。

 このニュ-スを聞いた時、「あれ?二月堂って国宝じゃ無かったの?」って思いました。
 
 二月堂からは、奈良の市街が一望でき、とっても、気持ちの安らぐところです。
私は、時々、風に吹かれながらぼうっとしています。
そのひとときは、至福の時間かも(^_-)-☆
d0042474_23174597.jpg

 
二月堂は、東大寺を開いた良弁僧正の弟子実忠和尚が建てたとされています。
 奈良時代には、人間の過ちを悔い改めて平和を祈るお水取りの行が始まり、現代まで途切れることなく行われています。そのお水取りが、旧暦の2月に開かれることから「二月堂」という名前が付きました。
 現在の二月堂は、およそ330年に再建されたもので、崖に張り出したような形の大きな舞台づくりが有名です。今回は、江戸時代の洗練された建築技法を示すとともに、古代建築の形を伝える貴重な建物として評価されました。
 二月堂が、国宝に指定されたことで、県内の国宝は、64件になります。


詳細は、朝日新聞のサイトから
by mahorobanet | 2005-10-28 23:01 | トピックス | Comments(1)
by mahorobanet | 2005-10-27 22:30 | イベント・催し | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


奈良県立民俗博物館で、
タイムスリップ楽市が開催されます!

 これは、オープン31周年イベントで、古民家9棟を活用し、和歌の五・七・五・七・七(三十一)文字に因み、織田信長が催したという「楽市」をイメージして「メイド・イン・やまと」の本物の美味い産物と味わい深い手作りの品の数々が提供されます。
 d0042474_21545149.jpg 
当日限定で販売される、ほんまもんのこだわり九品「心のご馳走手形」は、1手形、995圓で200手形のみ。1日有効で9店をまわることができるそうです!
2日間で、ご馳走のメニューは、若干変わるみたいですが、 竈(へっつい)で炊く握り飯や朴葉ずし、こんにゃく、芸術の炙り豚、月おぼろとうふ、干し柿のワイン煮、梨と柿のフルフルゼリーなど  美味しそうなメニューがいっぱいです(^_-)-☆

 奈良県立民俗博物館は、ゆったりしていて、とっても落ち着く大好きなスポットです。
四季折々に、様々な花も楽しめます! 私も、タイムスリップ楽市に行ってみようかなって思っています。d0042474_2155787.jpg
★日 時:2005年11月12日(土)~13日(日)10:30~15:00(雨天決行。)
★場 所:〒639-1058 奈良県大和郡山市矢田町545 奈良県立民俗博物館 大和民俗公園内古民家(九棟)
★問合せ:奈良県立民俗博物館 TEL:0743-53-3171(代)  FAX:0743-53-3173
詳細は、まほろばの国から別館(イベント館)でどうぞ!

More
by mahorobanet | 2005-10-27 22:05 | イベント・催し | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


今日は、昨夜の雨も上がり、さわやかな朝になりました!

露に朝日がきらきら光ってとてもきれいでした!
d0042474_9291898.jpg

by mahorobanet | 2005-10-27 08:10 | なら魅てある記 | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


奈良県文化会館の国際ホ-ルで、「第2回奈良名作映画祭」が、11月3日(木・祝)~6日(日)の間、開催されます!。
 名作「サウンドオブミュージック」「ひまわり」の上映や浜村淳さんの講演や映画音楽ジャズコンサートなどがあります。
 1日券や2日券や期間中のフリーパス券もあります。
 私は、昨年、第1回目、見に行きました!
 今年も、見に行きたいなと思ってま~す!
 どの日にしようかなと、スケジュ-ルを見ながら思案中で~す!
 たしか、ロビ-では、コ-ヒ-も販売されていたように思います。
映画三昧の一日もイイかな(^_-)-☆
 見たい映画を思う存分、堪能してはいかがでしょうか?って、友達にもすすめています。
 えへ(^.^)

 詳細は、まほろばの国から別館(イベント館)でどうぞ!
by mahorobanet | 2005-10-27 01:12 | イベント・催し | Comments(0)
by mahorobanet | 2005-10-26 00:48 | イベント・催し | Comments(4)