ブログトップ

まほろばの国から(写真館)

mynara.exblog.jp

大和は国のまほろば 旬の奈良などの写真をきままにのせています!

カテゴリ:トピックス( 18 )

新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします\(^O^)/

d0042474_00375695.jpg

今年もみなさんにとって素晴らしい年になりますように!

d0042474_00370429.jpg

今年は、酉年で~す(^▽^)/
d0042474_00361660.jpg

by mahorobanet | 2017-01-01 00:40 | トピックス | Comments(1)
今年も「ブログ仲間の年忘れ写真展」が開催されます。
いつもオフ会などでおつきあいいただいてるブログ仲間の皆さんの本当に素晴らしい写真が出品されます。
12月6日(火)から11日(日)の期間で、会場は、MAG南森町アートギャラリーさんです。
http://mag-osaka.net/index.html

お言葉に甘えて、私も一点出品させていただきます。
私の駄作はともかく、本当に素敵な写真ばかりです(^。^)
とてもフレンドリーな写真展です。
お時間がありましたら、是非是非お越しくださいね。
南森町駅からすぐです!

会場へのアクセスはこちらです!
http://mag-osaka.net/contact.html#map

d0042474_21342831.jpg

by mahorobanet | 2016-12-04 21:37 | トピックス | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(゜)(。。)ペコッ

2011年の年明けは、雪化粧の中迎えました。

写真は、橿原神宮の大絵馬です。

d0042474_12154921.jpg



初詣の人ですごい賑わいでした!

ぼちぼちの投稿になりますが、
きままにお気に入りの写真をアップしていこうと想っています。

今年もよろしくお願いします(゜)(。。)ペコッ
by mahorobanet | 2011-01-01 12:16 | トピックス | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(゜)(。。)ペコッ

今年は、奈良にとっては、特別な年。
平城遷都1300年の記念の年です(#^.^#)

平城遷都1300年祭がおこなわれます。
1月1日から開幕!
ということで、ゆく年くる年のカウントダウンイベントが、県内4カ所でおこなわれました!

写真は、吉野。
蔵王堂の吉野桜燈火の様子です。

d0042474_4422245.jpg


d0042474_4423166.jpg


d0042474_442418.jpg


ぼちぼちの投稿になりますがよろしくお願いします!
今年もよろしくお願いします(゜)(。。)ペコッ

大和は国のまほろば。。。 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング 応援してください!


まほろばの国から(本館)
まほろばの国から(イベント館)も、よろしくです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
by mahorobanet | 2010-01-01 23:44 | トピックス | Comments(4)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


このブログ(*^_^*)
エキサイトブログさんの容量を拡張していただいたので、大好きな奈良の写真を紹介するブログとして、使わせてもらおうと思います。

ぼちぼち、掲載していきますのでよろしくお願いします!

まほろばの国から(本館)
まほろばの国から(イベント館)も、よろしくです!

最初は、今週、23日~24日に行われる元興寺地蔵会万燈供養 の写真です。
d0042474_10321089.jpg


人気blogランキングに参加しています。クリックして、応援してください!
by mahorobanet | 2006-08-20 10:34 | トピックス | Comments(2)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


ブログのお引っ越しのお知らせです。

奈良大好き人間tomoが、旬の奈良の情報を徒然なるままに綴っているこのブログ。
「まほろばの国から」をFC2さんのブログにお引っ越しすることにしました。(#^.^#)

新館のオ-プンです!
新しいブログは、こちらです!

アドレスは、 http://nukata.blog27.fc2.com/です。

みなさま、よろしくお願いします!


このブログは、旧館として、しばらく置いておこうと思います(#^.^#)


人気blogランキングに参加しています。クリックして、応援してください!
by mahorobanet | 2006-01-01 23:09 | トピックス | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


読売新聞によると、奈良市の平城宮跡で、唐招提寺に講堂として移築された「東朝集殿」の基壇が発掘されました。
現地説明会は17日午後1時半から行われます。


37年ぶりに姿を現した東朝集殿の基壇(奈良市の平城宮跡で)

 奈良市の平城宮跡で、同市の唐招提寺に講堂(国宝)として移築された「東朝集殿」の基壇(奈良時代後半)が37年ぶりに発掘され、奈良文化財研究所が15日発表した。基壇上では、柱の位置を示す穴を新たに確認し、東朝集殿の復元図とほぼ一致していた。基壇の全容を見られるのは今回が最後となる見通しで、同研究所は「かつて唐招提寺の講堂が建っていた基壇を見てほしい」としている。現地説明会は17日午後1時半から。

 朝集殿は、貴族らが儀式などの際に待機する場所とされ、東西対称の二つの建物が並んでいたという。朝集殿の北側は役人が政務を行う「朝堂院」、さらに北には、天皇が即位などの儀式を行う「第二次大極殿」があった。

 これまでの調査で、朝堂院や第二次大極殿は、奈良時代前半が掘っ立て柱建物で、同時代後半に礎石建物に造り替えられたことが分かっている。だが、朝集殿は礎石建物しか見つかっておらず、今回、同時代前半の状況を調べるため、1968年に出土した東朝集殿の基壇(南北約38・7メートル、東西約17・8メートル)周辺を再発掘した。

 その結果、基壇上で、柱の礎石を据え付けたか、抜き取った穴2つを新たに確認。柱間は約3・8メートルで、約30年前に唐招提寺・講堂を解体修理した際に調べた東朝集殿の寸法と矛盾のないことが裏付けられた。

 一方、建物遺構が見つかると期待された基壇の下層は、今のところ柱穴が一つ見つかっただけで、北側の朝堂院と柱筋がそろった建物跡は確認できなかった。このため、奈良時代前半の朝集殿は▽礎石建物とは異なる位置にあった▽当初から礎石建物で同じ位置にあった▽存在しなかった――のいずれかの可能性が考えられるという。

 藤原宮では朝堂院と朝集殿の建物が一直線に並んでいたとされ、平城宮に当初、朝集殿がなかったとは考えにくく、同研究所は「奈良時代前半の朝集殿は位置がずれている可能性が高い」とみて、今後も基壇下の発掘を進める。
 唐招提寺の記録によると、東朝集殿は奈良時代後半、同寺に移築されたとされている。

(2005年12月16日 読売新聞



人気blogランキングに参加しています。クリックして、応援してください!
by mahorobanet | 2005-12-17 01:14 | トピックス | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


またまた、発掘の話題です。
奈良市にある大安寺の塔跡の発掘調査で、日本の塔では最大の風鐸が出土しました!!
風鐸が、55センチもの大きさだったことから、塔がいかに巨大だったかがわかり、『南都七大寺』の筆頭格だったとされる大安寺の壮大さをうかがわせます。

読売新聞や、奈良TV奈良新聞のサイトによると、奈良市にある大安寺の塔跡の発掘調査で日本の塔では最大の風鐸が出土し、古代で最大級だった大安寺の塔の威容をうかがう資料として注目されています。
 風鐸は、大安寺にあった東西の塔のうち西塔、西側にあった塔跡の発掘調査により出土しました。
 風鐸とは塔の軒の先端に付けられた大型の風鈴のような金銅製の飾りです。
 出土したのは、いずれも風鐸の破片で長さ20センチほどのものをはじめ約20点が見つかりました。奈良市教育委員会が復元したところ、長さが約55センチの大型の風鐸であることが分かりました。
 大安寺の塔跡の調査ではこれまでにも2点の風鐸が見つかっていましたが、今回出土したものはそれより一回り大きく、日本で確認された風鐸では最大の大きさでした。
 大安寺の調査では、塔の基礎である基壇が縦横21メートルの巨大な規模であることが分かり巨大な7重の塔があったと推定されています。
 今回、塔に取り付けられた風鐸が日本最大とわかったことは塔の建物が予想以上に大きかったことを改めて示すものでした。
 奈良市教育委員会では高さ100メートルといわれる東大寺に次いで、大安寺には約70メートルの巨大な塔が建っていたとの見方を強めています。

 なお、大安寺の発掘調査の現地説明会は今月11日の日曜日に行われます。

人気blogランキングに参加しています。クリックして、応援してください!
by mahorobanet | 2005-12-10 01:21 | トピックス | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


今日の朝日新聞や奈良新聞によると、明日香村で、今までに例のない形式の石室が見つかりました。

明日香村の真弓にあるカヅマヤマ古墳(7世紀後半)で、大量の板状の石を積み上げて造られた石室が見つかったと、明日香村教育委員会が発表!
磚積(せんづみ)石室と呼ばれ、飛鳥地域で確認されたのは初めて。

この遺跡が見つかった場所は、古代飛鳥の天皇家の墓域とされる真弓崗(まゆみのおこのか)。
周辺には牽牛子塚古墳やマルコ山古墳が点在している。
天皇家と関係の深い有力者の墓とみられている。

現地見学会は、
12月3日(土)午前10時~午後3時。
近鉄飛鳥駅から南西約1キロ。
駐車場はありません。
小雨決行です。

人気ブログランキングに参加しました。よければクリックしてくださいね!

朝日新聞に詳細な記事があります!
by mahorobanet | 2005-12-02 18:29 | トピックス | Comments(0)
大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


蘇我入鹿の邸宅あと見つかる??

 ニュ-スによると、明日香村の甘樫丘の東南ふもとで、7世紀の建物跡や塀跡、焼けた土などが見つかり、蘇我入鹿の邸宅の可能性が高いそうです。
 奈良文化財研究所が、国営飛鳥歴史公園の整備に伴い725平方メートルを発掘したところ、掘っ立て柱建物跡5棟と長さ12メートル以上の塀跡が見つかったそうです。
 
 奈良文化財研究所のHPによると、この発掘現場の現地見学会が、11月16日(水)10:00~15:00に開催されるみたいです。 場所は、こちら!
 見に行きたいけど。。。
 無理かな。。。(;>_<;)
 
 天皇家をしのぐ勢いを誇ったとされる飛鳥時代の大豪族、蘇我蝦夷と入鹿親子は、644年に甘樫丘に家を並べて建て、天皇のように蝦夷邸を「上の宮門」、入鹿邸は「谷の宮門」と呼んだという。邸宅は城柵で囲まれ、門のそばに武器庫があり、武装した兵が警護したと日本書紀に、記されています。
 
 644年ということは、蘇我氏が滅ぼされた大化の改新のわずか1年前。
栄華を誇った蘇我氏の悲哀を改めて、感じます!
 飛鳥は、まだまだ未知の世界。ロマンが広がります(^_-)-☆
d0042474_2363486.jpg

写真は、甘樫丘からみた景色です。

人気ブログランキングに参加しました。よければクリックしてくださいね!

奈良テレビのサイトによると
by mahorobanet | 2005-11-13 23:15 | トピックス | Comments(0)